MPSジャパンとは?

代表理事からのご挨拶

警察の経験で貴方をサポート
どんな悩みでもご相談ください

警察官当時は地域住民からあらゆる相談事を受けてきました。

そして警察官退職後は大手調査会社の内偵調査員として所在調査や家出人の調査等に従事して沢山の案件を解決してきました。

これまでの経験を活かし「一般社団法人 日本失踪者捜索協力機構」の代表理事として皆さまのお力になれるよう全力でサポートしてまいります。

代表理事:柳  学(ヤナギ マナブ)

昭和46年4月に栃木県警察官を拝命。昭和47年、宇都宮東警察署を新任地とし、計6ヶ所の警察署勤務を経験し、足利警察署、足尾警察署、大田原警察署においては、刑事事件を担当する。捜査本部を設置するような重大事件、強盗殺人事件の捜査に従事する等、警察官人生19年の殆んどを刑事として勤務。

目的

家族の突然の失踪や行方不明又は、当該者の生命身体に危険が生じる恐れがある家出や、迷い人となった人の配偶者、及び親族に対してその相談や捜索に協力することを目的とし、その目的に資するため本事業を行う。

MPSジャパンは次の様な支援活動を行っております

  • ホームページやブログ、SNS等を通じて行方不明者に関する情報公開を行い、寄せられた情報をご家族の方にお伝えします。
    ※掲載には当機構の規定がございます。当機構掲載規定をご参照ください。
  • 各種マスコミ関係機関へ、行方不明者情報を公開して頂けるようにご紹介いたします。
    ※公序良俗に反しないため、各種関係機関へご紹介は当機構の規定がございますので、必ずしも放送、掲載されるものではございません。当機構掲載規定をご参照ください。
  • 捜索チラシの作成および特定地域での捜索チラシ配布をお手伝いします。
  • 行方不明者、家出人に関する捜索のアドバイスを行います。
  • 行方不明者、家出人、いじめに関する各種資料を公開しております。
  • その他、必要に応じての各種専門家をご紹介いたします。
  • 当機構では、社会問題となっている”いじめ”が原因で未成年者の家出が重大な事件事故に繋がる恐れがあることから、いじめに関するメール相談を致しております。

ご家族個人での捜索活動は困難を極めます。 MPSジャパンでは札幌の本部をはじめ、主要エリアの拠点を軸に組織力を持って残されたご家族の方への支援を致します。

※一部有料になる支援活動がございます。ご不明な点は担当者へお尋ね下さい。

組織概要

組織名一般社団法人 日本失踪者捜索協力機構
Japan Missing Person Search Cooperation Organization
略称MPSジャパン
設立2012年4月2日
代表理事柳 学
電話番号 0570-034-110
FAX番号011-221-3360
札幌本部 〒060-0051
北海道札幌市中央区南1条東1丁目2番1号 太平洋興発ビル3階
TEL:011-222-3282
横浜事務局 〒221-0056
神奈川県横浜市神奈川区金港町6-3 横浜金港町ビル6階
TEL:045-594-7499

行方不明者をお探しの方はコチラ >>